MENU

喪服のクリーニングはどのタイミングがベスト?

喪服,クリーニング

喪服を着た後すぐにするべきなのか、それとも数回くらいはクリーニングせずにおいても大丈夫なものでしょうか。

 

一度しか着ていない洋服をクリーニングに出すのはやはりちょっと躊躇してしまいますよね。
洋服であれば、シーズンが終わって、もう着ない時期になったらクリーニングに出すのが一般的かと思います。

 

とはいえ、喪服はシーズンに関係ないものですから、他の洋服のようなタイミングでクリーニングするものではありません。

 

気軽にクリーニングに出せるかは代金にもよると思うので、料金相場も合わせてご紹介しますね。

 

喪服をクリーニングに出すタイミングは?

 

結論からいうと、喪服は着用した後にすぐクリーニングに出すことをおすすめします。
その理由は2つあります。

 

喪服の保管は長期間になることが多い

 

喪服は、お通夜、葬式のときにしか着ることがないため、一度着た後は長くタンスにしまいっぱなしになることが多いもの。
そのため、少しの汚れでも長く放置することで虫食い、カビになってしまいます。

 

クリーニングをして、虫に食われる原因やカビが生える元はしっかりと断っておくことがベストです。

 

 

実はけっこう汚れている

喪服,クリーニング
半日、もしくは一日中着ている喪服というのは、見た目には分からなくても汚れやホコリがついています
春先には花粉、夏場には汗、季節を問わず皮脂など目にはつかない汚れは多いものです。
とくに、着物の裾は知らず知らずのうちに道路の砂などがついていたりするものです。

 

ホコリや汗などの汚れがついたままクローゼットや箪笥に長期間しまいっぱなしにした場合・・・想像が容易につきますよね。

 

虫食い、カビなどの原因になってしまう他にも、汚れが染み付いてしまうことで、せっかくの漆黒の喪服に白いシミが浮き出てくる可能性もあります。
白カビは家でもカビ取りすることはできますが、素人がやると思わぬシワや、クリーニングの跡が目立ってしまうことも。

 

安い喪服であれば捨ててしまっても良いかもしれませんが、着物の喪服のように家紋が入っていて大切な品物であれば、クリーニングをしておくことをおすすめします。

 

喪服のクリーニング代の相場は?

 

喪服のクリーニング代は着物喪服かスーツの喪服であるかアイテムによって大きく違います。
料金相場を以下にまとめました。

 

  • 着物喪服:6,000円〜12,000円
  • 喪服スーツ(上):1,000円
  • 喪服スーツ(下):800円
  • 喪服ワンピーツ:1200円
  • 喪服ワンピース上:1000円

 

※素材やお店、また仕上げ方によって多少前後します。

 

着物喪服のクリーニング代は6,000円から12,000円と高いですね。
この料金は留袖、訪問着などの料金と同じ料金設定になっているところがほとんどです。

 

着物喪服のクリーニングでおすすめなのが宅配クリーニングのきものtotonoeです。

 

今なら特別キャンペーン中で割引価格で着物を丸洗いしてもらえますよ。
期間限定なのでお見逃しなく↓

 

着物宅配クリーニング きものtotonoe

 

 

喪服スーツのクリーニング代が割高なワケ

喪服,クリーニング
喪服スーツの場合は一般的なビジネススーツや洋服と比べると高くなります。
見た目にはほとんど同じであるのに、なぜ喪服スーツの料金が高いのには、喪服ならではの理由があります。

 

喪服というのは、通夜、葬式などのタイミングでしか着用せず、普段はタンスやクローゼットに長い間収納されているものです。
そのため、長期間の保管を前提にクリーニングのコースが決められているお店が多いです。

 

具体的にいうと、防虫加工、防カビ加工、その他にもビジネススーツであればオプション加工になるはずの撥水加工だったり、型崩れ防止の折り目加工をするクリーニング店もあります。

 

クリーニング店によっては、ビジネススーツと同じ料金で出せるところもあるかもしれませんが、喪服用のコース料金が組まれているところでは、ビジネス用よりも割高な料金になってしまいます。

 

もし、少しでも安くクリーニングをしあげたいのであれば、ビジネスツールと同じコースでクリーニングをしてもらえるクリーニング店を見つけるのも良いかもしれません。

 

 

自宅で喪服をクリーニングする方法

喪服,クリーニング
自宅で喪服をクリーニングすることは可能なのか調べてたところ、やはり素材によるようです。
喪服についている洗濯タグを見てみてください。
水洗いOKの表示があれば、自宅でもクリーニングできますよ。

 

できれば、手洗いをおすすめしますが、洗濯機を使うのであればドライコースなどを選んでくださいね。
洗剤も、おしゃれ着洗い洗剤や、中性洗剤をつかってください。

 

喪服を自宅でクリーニングするときの注意点

 

型崩れ

喪服,クリーニング
そして、自己クリーニングの一番の注意点は「型崩れしないよう気をつけること」です。

 

ピシッとした型が命の喪服ですので、シワシワになった状態、形がだらけている喪服はみっともないの一言です。
少しでも型くずれしないように注意しましょう。

 

洗濯後は、当て布をしてアイロンがけをおすすめします。
アイロンで高熱を当てると、テカリや縮みの元になりますので、なるべく低温で短時間で仕上げることを心がけてください。

 

色落ち

注意したいのが色落ちです。
漆黒の色が大切な喪服ですが、自宅のクリーニングではその色合いが悪くなることがあります。
蛍光増白剤などが入っている洗剤は絶対NGですよ。

 

喪服をホームクリーニングしたいのであれば、購入するときに予め自宅で洗濯可能な喪服を選ぶことおすすめします。